イ草農家さんをお手伝い

 

 

国産畳表のほとんどが熊本県八代市で生産されています。

いつも当店で扱わせてもらっているイ草の生産農家さんに伺い

イ草が畳表になるまでのほんの一部をお手伝いさせていただきました。

 

 

↑  藤原屋四代目

7月はイ草の刈り取り時期で、この期間の農家さんたちの朝は早く

毎日早朝3時から作業を始めます。

刈り取り・泥染め・乾燥・選別・織りと、夜まで作業が続きます。

これが約1ヶ月続き、それが終わるとまた来シーズンへの準備が始まります。

 

 

イ草は畳表になる際に、染土と呼ばれる天然の泥でコーティングされます。

こうすることによってい草を保護したり、滑りにくくする効果があります。

 

 

 

たった数日のお手伝いでしたが、早朝3時から作業し

最後にこのい草を手にした瞬間は、言葉にならない感情になります。

 

 

 

↑  熊本県八代市のい草農家の赤星さん。

これだけ苦労されて、愛情が注がれた畳表を扱える喜びと責任を持ち

出来る限り農家さんの想いも一緒に皆様にお届けしたいと思っています。